マグログ

タイトルと内容は大きく異なります。

マグログ。タイトルと本文の内容は大きく異なります。

田端信太郎さんって一体誰なんだろう?

 

ネットの連載で久しぶりに面白い記事が上がりました!


NewsPicks - バズワードで荒れる、日本のマーケティング

田端さんについて!

1975年石川県生まれ。慶応大学経済学部卒

1999年、NTTデータに入社BS/CSデジタル関連の放送・通信融合の事業開発、ジョイントベンチャー設立に携わる

2001年、リクルートに転職。フリーマガジン『R25』の源流となるプロジェクトを立ち上げ、『R25』創刊後は広告営業の責任者を務める。

05年4月、ライブドアに入社、ライブドアニュースを統括。ライブドア事件後には、執行役員メディア事業部長に就任して経営再生を担う傍ら、「BLOGOS」「MarketHack」「Techwave」などの新規メディアを立ち上げる

10年5月、コンデナスト・デジタル社へ移り、『VOGUE』『GQ JAPAN』『WIRED』のウェブサイトとデジタルマガジンの収益化を進める

12年6月よりNHN株式会社 上級執行役員。「LINE」「NAVERまとめ」「livedoorニュース」などの広告マネタイズを担う

現在、LINE株式会社上級執行役員。法人ビジネス担当。

 

ほんと、びっくりしました。知らなかったことが、恥ずかしいです。私は、この田端さんが取り組んでいるネットサービスを全部利用したことがあるということ。特に、


WIRED.jp


ファッション、時計、高級車、男のための最新情報 | GQ JAPAN


BLOGOS(ブロゴス)- 意見をつなぐ。日本が変わる。

特に、この3つのサイトは、いつも見ているサイトなんですね。記事を読んでてすごいと思ったけど、自分の生活に入り込んでいるサービスをそれも複数立ち上げているなんて、ただただ感服しました。

f:id:kumapei:20141003174100p:plain

だからこそ、あそこまで本質的で思わず頷きながら読んでしまうのだと思いました。様々なフィールドで、企業で結果を出した人がいえる言葉なんでしょうか。今回、はじめて知ったのですが、会ったら絶対に面白いんだろうなーって思います。それほど、インタビューの内容は刺激的でしたし、魅力的でした。

 

 いま、フォローしました。


R25からLINEまで。日本最強のメディア野郎 | 新世代リーダー50人 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

これ、佐々木さんがインタビュアーにやってるんですね。二年前の記事ですが、全く古臭さを感じないです。堀江さんや転職についても書かれており、絶対に読むべき記事です。


「メディア野郎」な田端信太郎の経歴を「セルフまとめ」してみた。 - NAVER まとめ

自分でまとめ作ってる(笑)しかも、このNAVERまとめにも携わっているなんて、ほんとすごすぎます。

 

自分の気になった部分をPick!(備忘録的ですが…)

 

この、田端信太郎さんの記事はほんとにオススメです。連載5回の中から、自分が気になったのをPickしたいと思います。NPだと、どうしても全部読んで踏まえた感想になってしまうため、別々に分けて書きたいなとおもいます。

結局、今のままでもいいわけではないし、新しいマーケティングに飛びつけばいいわけでもない。既存のマーケティングと新しいマーケティングの中庸というか、両者をフェアに接続するような考え方や手段がないといけない。

新しいマーケティングというと、オンバウンドマーケティング、インバウンドマーケティング、最近だとコンテンツマーケティングでしょうか。もう、◯◯マーケティングが多すぎて、正直、何のことを指したマーケティングなのか分からないものも多いです。でも、時代の変化は著しいですし、一流のマーケッターならば把握しなければいけないと思いますが、一目で違いがわかるとありがたいなーと思います。

既存のマーケティングは、やはり「広告枠によるマーケティング」のことだと思います。戦後以降、普通の一般家庭が無料でテレビを見ることが出来たのは、企業がテレビ番組の枠を広告費として支払うという広報スキームがあったからです。なんだかんだ言っても、多くの消費者は、テレビを見て情報を得ているので、まだまだテレビの力も侮れないなと。このCMも全然スマホ使わない人には効果的だろうな-と思いました。


SmartNews(スマートニュース)TVCM(30秒) - YouTube

 

 

二重にダサいと思う。まず、ほとんどのバイラルメディアはどこかで見たような記事の劣化コピーである点。もうひとつは、経済合理性がないというか、儲からない点。メディアとしてダサくても儲かるのであればビジネスとしてはまだいいが、純粋に儲かっていない。

このバイラルメディアについての田端さんの話は、痛快でかなり面白いです。

だから読者も欺いているし、お金を出させているという意味で出資者や投資家も欺いている。結局、誰が得しているのかわからない。そこに悲しみを感じる。

 悲しみという表現も、なかなか突っ込んだ言い方ですよね。

よく「三方(さんぽう)良し」と言うが、バイラルメディアは三方に対してダサい。まず読者に対してダサい。出資者に対しては、どうせ儲からないビジネスプランにお金を出させるという意味でダサい。そして、一番の被害者はバイラルメディアをやっている当人たち。たぶん、得るものはないと思う。

この表現が秀逸だと思います。厳しい言い方かもしれないけど、バイラルメディアは、個性が出しづらいな、と感じるんです。そして、PVが目的になっているために、シェアしやすい、煽動的な内容や当たり障りのない内容になってしまいがちです。

 

もちろん、面白いまとめもありますし猫たんのかわいい画像も多くあり、自分も見ることがあります。しかし、風景の写真や動画の特集は、あれ?この前も見たことが画像や動画が本当に多い。タイトルに釣られて、開いて見てみたらガッカリする頻度が、本当に多いんですね。そのガッカリする内容が利益に繋がるというのが、本当に残念でしょうがないと僕も思います。

 

f:id:kumapei:20141003175538p:plain

チャネルをどう押さえるかのほうが、プロダクトをどう作るか、広告するかよりも大事になっている。消費者も、品質に劇的に差があれば「なんだよこの小売店」となるが、今は品質に差がないため、「便利なところにあって安ければいい」というふうになってきている 

 コンビニエンスストアやアマゾンのパワーが相当でかいんだと思います。コンビニに関しては、生活するうえで必要な機能をすべて、揃えているんじゃないかと思います。忙しいときは、ついついコンビニに行って弁当を買ったり、無くてはならない生活インフラになっています。アマゾンにおいても、同様ですね。本屋まで行ってわざわざ注文するより、ネットで商品をクリックすれば、自宅まで郵送してくれる方が圧倒的に便利ですよね。

そもそもの話として「普通の人がアプリをインストールするかな」とは思う。アプリをインストールしている時点で、すごい踏絵だと思う。

一般のユーザーは、そもそもPlayストアや、iTunesにも行くことは無いでしょう。多分、セブンは知ってるけど、アマゾンは知らない人も相当数いると思います。

かの有名なロジャースのイノベーター理論です。

f:id:kumapei:20141003163816g:plain

この理論から、自分はアーリーアダプターの位置にいるでしょう。ですが、僕の大学の友だちは、レイトマジョリティにいるのだと思います。だから、大学の友だちと、このアプリめっちゃ面白いよねって話もしません。というか、絶対興味をもたないだろうなと、感覚的に感じるからです。彼らが好きな話は、周りの人の恋愛だったり、友達のツイッターの内容なんです。たぶん、自分は、その友達たちとは、ステージが違うんだろうなと思うんです。そのくらい、このイノベーター理論においても大きな溝があるんだろうな-というのは、納得出来る話です。


ネットからマジョリティへの認知にはキャズム(溝)が深すぎるという講義 | More Access! More Fun!

この永江さんを知ってる人が何人、周りにいるのかって話ですね。この記事は、ホントおすすめです。

一番謎なのは、広告主サイドから見たときに、どういう期待値があるのかがわからないこと。あと、雑誌は極めてネイティブ広告的なことをもう20年ほど前から延々とやってきている。ネイティブ広告を否定するわけではないが、雑誌を経験した身からすると、あまりに古典的な常とう手段にただラベルを張り替えているようにも見えて、何がそんなに興奮するほど新しいのか、正直わからない。

 媒体が雑誌からネットに移っただけで、やってることは昔から変わらないじゃんって話。そう考えると、昔の手法の方が良質な部分がまだまだあるんじゃないかと思います。なるほど。

僕がメディアに期待したいのは、需要自体を作ること。情報番組がダサいと思うのは、今流行っているトレンドをフォローしているだけで、トレンドをクリエイトしていないから。世の中はこうあるべきだというビジョンがあるわけでなく、世の中はこうなっています、と後追いしている。それだと、とことんコモディティ化してしまい、ツイッターやブログやフェイスブックとの違いがなくなる。

 ネットの台頭によって、テレビに対する期待や立ち位置が変わってきているんだと思う。昔のテレビが良かったよねって話が度々出てくるのは、企業自体も広報するうえでテレビしかなかったためであって、たくさんの予算を投入することができたからなのでしょう。そして、一番最初の情報を知ることが出来たのがテレビだったというのもある。

いまなら、Yahoo!のニューストップを見れば、事足りてしまいますしね。

テレビの役割が、需要自体をつくることなら、企業マーケッターはテレビ番組が取材したくなる、そう仕向けるように戦略的に広報していかなければならないですね。

メディアが一部のリーダーのものだということを前提にするのはドンキホーテな気がするし、メディア人にだけ高いモラルを求めるのも違う気がする。メディアが業界のインサイダーとアウトサイダーを線引きすること自体が難しい。もっとなだらかにグラデーションが広がっているイメージ。

 いまや、SNSによって個人の発信力が強くなって、情報に対するモラルも非常に高まっています。例えば、大学生が未成年飲酒をSNSで投稿してしまう人や、無免許運転の自慢など、情報の発信に対し、自覚のない人が多くいます。個人もまたメディアであり、他人からの目に晒されていると認識しなければならないですよね。こんなことは、本来教えなくても分かってないといけませんがねー。

 

 

また、長くなっちゃった(笑)

 

読んでいただきありがとうございます!